車買い替えの各種手続き

車買い替えの各種手続き

車を買い替えたい、そう思ったことがある人はいくらでもいると思います。不意の故障だったり、長年乗り続けてきたり、友人に譲って貰う予定で、それに買い替えをしたいとか、いろんな理由があるでしょう。

 

でも、それにはやっぱり手続きが必要で、それを全て終わらせないと車の買い替えは終わりません。では、車の買い替えに必要なものといったらどんなものがあるでしょうか。

 

名義変更と車庫証明の手続きが必要

 

まずやらなければならないのが、名義の変更と登録です。車検証の交付とナンバープレートの交付を受けること、この2点です。この手続きが終わったら、今度は車庫証明の手続きが必要になってきます。これは、路上駐車の防止のために必要な手続きになっています。この手続きは、本人が住んでいる管轄の警察署で手続きを行うようにしましょう。

 

この時点で、自動車保管場所証明申請書、保管場所の所在地と配置図、駐車場を借りた場合は保管場所使用承諾証明書、自宅の駐車場を利用する場合は保管場所使用権原疎明書面というものが必要になります。

 

車買い替えに必要な書類

 

これらの書類は、記載する際には車の型式、車台番号、車の大きさの情報などが必要になってくるため、警察署には車検証を必ず持参してからいくようにしましょう。

 

これらの書類を提出してから大体1週間位したら車庫証明は発行されます。車を買い替えるときに必要となる手続きは、多少面倒かもしれません。しかし、実際にこれらの手順を踏まないと車を所持することはできませんので気をつけましょう。