辺縁性歯周炎とは

辺縁性歯周炎とは

みなさんは辺縁性歯周炎と言う病気を知っていますか。これは歯ぐきに痛みを引き起こし、腫れができる病気なのですが別名歯槽膿漏として世間に広く認知されています。

 

辺縁性歯周炎という病気は、症状として歯がグラグラと動いてものが噛みにくい状態になります。そして炎症がおきて歯ぐきが腫れてしまうと噛み合わせただけで痛みがを感じて歯磨きや食事の時に出血する場合があります。また歯肉の部分に腫瘍ができることで痛みがいっそう激しくなり、口臭もきつくなってしまいます。

 

辺縁性歯周炎がおこる原因は、口の中で細菌が繁殖したり、歯と歯肉の間に歯垢がたまることでおこる炎症などで発症します。特に炎症が進行してしまうと、歯と歯茎の境目に歯周ポッケトができてしまい、そこに細菌が入り込み繁殖することで歯の周りの組織が減っていき、歯を支えることができなくなってしまいます。

 

また歯並びが悪い人や入れ歯が合わない人なども歯垢がつきやすく、喫煙やストレスなどを抱えている人は辺縁性歯周炎を悪化させてしまいます。

 

この辺縁性歯周炎の治療は進行状態によって治療の仕方がかわりますが、割と軽度の場合は歯垢を取り除くだけでも進行を抑えることができます。しかし進行している場合は、症状に合わせた治療が必要になり、場合によっては手術が必要になります。

 

辺縁性歯周炎にかからないためには歯のケアを毎日キチンとすることで予防ができるので継続して行うようにしましょう。